フロアコーティングについて

フロアコーティングとは住宅の床はもちろん、学校や病院の床からショールームや公共施設のような建造物でも施工されています。


従来までは廊下やダイニングルームなどのフローリング素材は、傷や汚れ対策としてニスやワックスで固めるのが定番でしたが、近代のフロアコーティングでは直射日光による日焼けの劣化を防ぐ処理や、浴場やプールなどの水回りに配慮した湿気とカビ対策に強い処理を施すフロアコーティングなど、様々な用途とシーンから必要な施工をしてもらうことが可能です。



フロアコーティングの技術処理は、ここ数年の間で著しい進歩を遂げたことで不動産にも好印象な影響を与えることに成功しています。例えば、カビ防止コーティングではキッチンやお風呂場のカビに強い特殊な素材の発達に合わせて、コーティング技術も水回りのメンテナンスに配慮した処理が可能になったことで、浴室のデザインにこだわる方が増えるようになりました。



また、和室のような白木や畳の繊細な素材に関してのコーティングは不可能でしたが、汚れを弾き、紫外線による色の劣化なども防げる専用のコーティング処理が開発されたことで、不動産物件でも和室を選ぶ方が多くなり、最初からコーティングしてもらう方が増加しています。



しかも最近のフロアコーティングは床だけでなく、窓ガラスの日照調整や飛散防止効果を目的としたガラスに対しての処理が巧みに進化したことで、公共施設では防犯対策と安全面の強化が可能になりました。